注)画像をクリックすると拡大します。

樺太の郵便

 日露戦争の結果、樺太南部を領有した日本は直ちに郵便事業を開始した。これらは敗戦まで続いた。
   明治38年(1905)7月31日:樺太全島占領
   明治38年8月1日:大本営軍政布告
   明治38年9月1日:第一野戦局にて普通郵便取り扱い開始
   明治38年7月31日:樺太全島占領
   明治38年9月5日:日露講和条約調印
   明治40年3月31日:軍政廃止、翌日より樺太庁開始
   昭和18年(1943)3月31日:樺太庁廃止、翌日より内地に編入


樺太庁
明治41年5月11日
真岡 
大正3年(1914)9月4日
豊原 
昭和13年(1938)1月27日
気屯 
昭和15年(1940)4月20日

 上の3点はいずれも樺太庁時代に使用された郵便葉書である。樺太では内地と同じ切手類が使用された。

 右の2点は記念消印で、どちらも昭和9年に使用されたものである。樺太占領時代は長かったので、このような記念消印も多数ある。



参考)日露戦争以前に樺太で使用された郵便物


 日露戦争以前に樺太で使用された郵便物は非常に少ない。これは、樺太が流刑地だったためである。

 写真は1989年アレキサンドロフスクで日本人が使用した大阪宛て葉書。クリックすると画像を拡大します。

 この画像を研究等の目的で使用される場合は以下までMailください。
 kanai007@fan.hi-ho.ne.jp

 

目次へ Back Next