ロシアの切手

ゼムストボ zemstvo

 ゼムストボとは帝政末期の地方行政機関。1864 年 1 月 1 日の法律によってロシアの県 (34 県とドン軍管州) と郡に設置された。ゼムストボは次第に自由主義運動の拠点となり、帝政と対立するようになる。しかし、 ゼムストボの自由主義運動は、貴族・地主の運動であり、労働者の革命運動とは敵対的であった。
 10月革命後は廃止される。

 ゼムストボはそれぞれ独自の切手を発行している。
 

解説(Chuchinのカタログを参考にしています。)
(誤りがあると思います。特に、発行年に誤りの可能性があります。)
Ustsysolsk(Vologda gov.)で1902年に発行されたもの。
Ustsysolskでは1872年からZemstvo切手を発行している。
1905年にUrzhum(Viatka gov.)で発行されたもの。UrzhumはKirovの南100kmにある地方都市。
Urzhumでは1891年からZemstvo切手を発行している。
Irbit(Perm gov.)で1893年に発行されたもの。
Irbitでは1874年からZemstvo切手を発行している。
Balashof(Satatof gov.)で1880年に発行されたもの。
Balashofでは1876年からZemstvo切手を発行している。
Kassimof(Riazan gov.)で1876年に発行されたもの。
Kassimofでは1869年からZemstvo切手を発行している。
Kuznetsk(Saratof gov.)で1904年に発行されたもの。
Kuznetskでは1880年からZemstvo切手を発行している。
Totma(Vologda gov.)で1895年に発行されたもの。
Totmaでは1894年からZemstvo切手を発行している。
Kologrif(Kostroma gov.)で1890年に発行されたもの。
Kologrifでは1888年からZemstvo切手を発行している。
Kharkof(Kharkof gov.)で1896年に発行されたもの。
Kharkofでは1895年からZemstvo切手を発行している。
Shatsk(Tambof gov.)で1913年に発行されたもの。
Kharkofでは1871年からZemstvo切手を発行している。






切手で見る歴史のページへ