クマガイソウ


尾島家の掲示板
大宮市指定天然記念物 御蔵のクマガイソウ 

 クマガイソウは、ラン科に属する多年草で、高さは三0cmほどになります。日本のランでは最も大きな花をつけます。
 かつては、大宮台地の竹林でしばしば観られたというこの花も、今では絶滅に近い状況で、約三千株からなるこの地の群落は、自生の群落としては県内で最大のものです。
 四月下旬に、淡白色地に、紅紫色の網目状のスジが走る袋状の花をつけます。この花の形が、鎌倉武士熊谷直実が背負った「母衣」に似ていることから「クマガイソウ」の名がついたと言われます。
 花の盛りは、薄暗い竹林の根元に、明るい提灯がともされたようにも見えるほど、見事な景観となります。

 大宮市指定天然記念物 昭和三三年十二月三日 指定
 大宮市保存緑地指定地 平成二年四月一日 指定

       平成四年三月 大宮市・大宮市教育委員会


2008年4月20日 埼玉県さいたま市御蔵 尾島家 クマガイソウ自生地 


Canon EOS Kiss Digital N + Sigma MACRO 105mmF2.8 EX
F5.6 1/500 (ISO400)



Canon EOS Kiss Digital N
F10.0 1/200 (ISO400)




Canon EOS Kiss Digital N + Sigma MACRO 105mmF2.8 EX
F5.6 1/640 (ISO400)


Canon EOS Kiss Digital N + 18mm-55mm標準ズーム
F5.6 1/50 (ISO400) (この写真はトリミングしてます)


Canon EOS Kiss Digital N + + Sigma MACRO 105mmF2.8 EX
F4.0 1/400 (ISO400) (この写真はトリミングしてます)


Canon EOS Kiss Digital N + EF200mm F2.8L USM
F5.0 1/640 (ISO400) (この写真はトリミングしてます)


Canon EOS Kiss Digital N + 18mm-55mm標準ズーム
F3.2 1/200 (ISO400)


花の写真のタイトルへ