画像をクリックすると拡大します。戻るときはブラウザーのバックボタンを使ってください。

大黒屋光太夫

大黒屋光太夫は伊勢白子の船頭。1782年、江戸に向かう船が、嵐でアリューシャン列島に流され、その後、シベリアを横断しサンクトペテルブルグに赴き、エカテリーナに謁見し、9年後に根室に帰還した。


鈴鹿市に大黒屋光太夫の記念館があり、伊勢若松駅前に像、鈴鹿白子新港緑地公園にモニュメントが建てられている。



東京都墨田区両国の回向院には、帆掛け船の形をした海難供養碑が建てられている。1789年に三河平坂の施主により建てられたもので、裏面に光太夫の名前が刻まれている。




すぐそばに、鼠小僧次郎吉の墓がある。

最終更新 2016.5


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭ページへ   詳しい北方領土問題の話の先頭ページへ   竹島(独島)問題のページへ   尖閣(釣魚)問題のページへ