画像をクリックすると拡大します。戻るときはブラウザーのバックボタンを使ってください。

最上徳内


 最上徳内は択捉島を探検した最初の日本人。択捉島に上陸して、そこに暮らしていらロシア人イジュヨゾフ等に会って、択捉島やそれ以北の千島列島のようすを聞いた。また、択捉島アイヌにはロシア正教を信仰し、ロシア人風に解明している者がいることを確認している。

 1790年、最上徳内は択捉島で出会ったロシア人から得た知識によって、蝦夷風俗人情之沙汰付図を作成した。千島が列島状に描かれているなど、これ以前の日本人の描いた千島地図に比べて、格段に精緻に描かれている。この地図では、千島の各島名にロシア語の数がカタカナで記されている。


(古地図と歴史‐北方領土 北方領土問題調査会編 同盟通信社 1971 より)



山形県村山市中央一丁目2番12号に「最上徳内記念館」がある。



最上徳内の墓

東京都文京区蓮光寺に最上徳内の墓があります。


蓮光寺入り口にある東京都教育委員会の説明文。

 江戸時代後期の北方探検家で、宝暦五年(1755)出羽国村山郡楯岡村(山形県村上市)に生まれた。天明元年(1781)江戸に出て官医山田宗俊の家僕となった。堂三年(1783)本田利明の音羽塾に入って、天文・測量・地理・航海を学んだ。天明五年(1785)蝦夷地巡検使に従者として蝦夷沿岸を巡視、さらに千島方面の調査に向かい国後島に渡航。翌六年(1786)択捉島に上陸、さらに日本人として初めて単身得撫島に上陸した。寛政三年(1791)、同四年にも千島・樺太の探検を重ねた。寛政十年(1798)には近藤重蔵らと共に択捉島に「大日本恵登呂府、寛政十年戌午七月、重蔵徳内以下十五人記名」の標柱をたてる。
 文政九年(1826)シーボルトを訪問。「日本北方に関する稀なる薀蓄深き学者」と評される。天保七年(1836)九月五日八十三歳で歿した。


最上徳内の墓 右側の大きな墓石 古い小さな墓石はプラスチックケースで覆われている
蓮光寺本堂 蓮光寺入り口の案内の碑 蓮光寺


これらの写真は2004年10月、Zenit-km MC Zenitar-K2 50mmF2で撮影しました。絞りはF8〜F11を使用。

最終更新 2016.5.15


日露・日ソ関係 ゆかりの人 へ

北方領土問題の先頭ページへ   詳しい北方領土問題の話の先頭ページへ   竹島(独島)問題のページへ   尖閣(釣魚)問題のページへ