日露関係ゆかりの地

千葉県 鴨川市
  

(元文4年、鎖国時代にロシア船が上陸した)

画像をクリックすると拡大します。戻るときはブラウザーのバックボタンを使ってください。

 元文4年(1739年)6月19日、シパンベルク率いるロシア探検隊の一隻が、千葉県鴨川市天津に上陸し、水の補給などをした。現在、これを記念した碑が建てられている。

碑の写真 碑の前には、通路のようになっている


 このときのロシア船は、鴨川の他に、気仙沼・石巻市網地島・伊豆下田でも、目撃や役人との交渉の記録がある。網地島には、隊長のベーリング像が建てられている。


日露・日ソ関係 ゆかりの地 へ

北方領土問題の先頭ページへ   詳しい北方領土問題の話の先頭ページへ   竹島(独島)問題のページへ   尖閣(釣魚)問題のページへ