日露関係ゆかりの地

北海道 札幌

画像をクリックすると拡大します

島義勇判官


 島義勇は北海道では北海道開拓の父として有名。写真は、北海道神宮内の島義勇の銅像。
 安政年間には蝦夷地・樺太を探検している。





日露国境標石
 ポーツマス条約で北緯50度以南の樺太が日本に割譲されると、北緯50度線が、日露の国境になった。国境を示す標石4個が置かれた。

4号標石のレプリカ(北海道神宮の開拓神社)
実物はサハリン在住個人蔵
3号標石のレプリカ(北海道大学)
実物は行方不明
1号標石の拓本(北海道大学)
実物はユジノサハリンスクのサハリン州郷土博物館蔵



北方領土問題
札幌市役所の横断幕 北海道大学の宮部線の説明パネル




石狩市

弁天歴史公園のすぐ隣にある石狩弁天社には「北千島沖流網之碑」が立てられている。




日露・日ソ関係 ゆかりの地 へ

北方領土問題の先頭ページへ   詳しい北方領土問題の話の先頭ページへ   竹島(独島)問題のページへ   尖閣(釣魚)問題のページへ