竹島(独島)問題 と 日露の関係

 竹島(独島)は韓国との問題ですが、ソ連・ロシアと無関係というわけでも有りません。
 日本が竹島を領有したのは1905年ですが、このとき、日露戦争の真っ只中で、日本はバルチック艦隊の参戦を恐れていたときです。このとき、日本海の制圧が日露戦争の勝利に欠かせなかったので、竹島には戦略的価値がありました。
 そもそも、日露戦争は、南下するロシアと朝鮮半島へ進出する日本とが衝突したものです。当時、ロシアには朝鮮半島を支配するだけの実力は無かったのに、高宗のロシア公使館逃げ込みをきっかけに、朝鮮半島に深入りします。高宗がロシア大使館に逃げ込んだのは、日本に妃を暗殺されたことが原因でした(注2)。日露戦争に勝利した日本は、朝鮮半島を植民地にしました。
 第2次世界大戦の終わり、ソ連が対日参戦すると、中国東北部を支配していた関東軍は崩壊、ソ連参戦の翌週、日本はポツダム宣言の受諾を表明、朝鮮半島は独立を果たしました。そして、敗戦の翌年1月、GHQの同じ命令で、北方領土・竹島の支配権を失いました。

竹島(独島)問題に関連する日韓・日露関係史
1870年 外務省の佐田白茅、朝鮮視察から帰国し、「竹島松島朝鮮附属ニ相成候始末」と題する報告を行う
1875年5月 樺太・千島交換条約調印
1875年9月 江華島事件
江華島付近で、日朝間で武力衝突が起こる
1877年3月 太政官の指令により「竹島外一島を版図外」と定める
竹島とは鬱領島のこと。外一島とは現在の竹島とみられる (注1)
1882年7月 壬午事変
当時、日本から軍事顧問を招聘し、改革政策が実施されていたが、この政策に不満を持つ軍民が反乱をおこして、日本公使館が襲撃された。
大院君(王の父)は反乱に乗じて閔妃(王妃)一族を打倒した。宗主国であった清国が介入して反乱を鎮圧し、大院君を排除し閔妃は復活した。
1882年9月 朝鮮王朝、日本政府に対し、鬱陵島への日本人の越境を抗議。
翌年3月、日本政府は鬱陵島への日本人渡海を禁止する。
1884年12月 甲申政変
日本軍の支援を受けた金玉均らはクーデターを起こし政権を奪取した。
清国の介入により日本軍は排除され、クーデターは失敗し、閔妃(王妃)は復活した。
1894年 甲午農民戦争
東学を中心とに排日などを主張する農民の反乱。
1894年7月 景福宮(朝鮮王宮)占拠事件
日本軍の一団は7月23日未明、王宮に押し入り警備の朝鮮兵たちとの約3時間にわたる銃撃戦の末に王宮を制圧した。
日本は大院君を摂政に据え、清国寄りの閔妃(王妃)一族を政権から排除し、傀儡政権を樹立した。
1894年7月 日清戦争開戦
1894年秋 第2次農民戦争・秋の蜂起
  朝鮮各地で抗日運動がおこる。日本軍はこれを徹底的に弾圧した。
1895年4月 下関条約・三国干渉
日清戦争で勝利した日本は遼東半島の割譲を受けたが、仏・独・露三国の勧告により、清国に返還させられた。
1895年10月 日本公使三浦梧楼、韓国王妃閔妃を暗殺(閔妃事件/乙未事変)  (注2)
1896年2月 朝鮮王・高宗、ロシア公使館に保護を求めて移る(露館播遷/俄館播遷)  (注2) (1897年2月まで続く)
1896年5月 小村・ウエーバー協定
1896年5月 李・ロバノフ協定
1896年6月 山県・ロバノフ協定
1898年4月 西・ローゼン協定
1900年10月 大韓帝国勅令41号で鬱陵島を欝島郡に昇格、同郡の行政区域を鬱陵島と竹島、石島とする
(石島とは竹島との説あり。また勅令の竹島とはチクトのこと)
  
1904年2月 日露戦争開戦 (注3)
1904年2月 日韓議定書
1904年8月 第一次日韓協約
1904年10月 バルチック艦隊、リバウ軍港を出航
1905年1月 旅順陥落
 この戦闘に関連して、私の祖父・高田良順住職は功7級金鵄勲章を授与された
1905年2月 竹島を島根県に編入
1905年5月 日韓通信業務合同 (注4)
1905年5月 日本海海戦
1905年7月 海軍人夫38名竹島に上陸し、仮設望標を建てる
1905年9月 ポーツマス条約調印
1905年11月 第二次日韓協約(乙巳保護条約)
1905年12月 韓国総監府設置(初代統監伊藤博文)
1907年7月 高宗、ハーグ平和会議で日本の侵略を訴えようとしたが失敗
高宗、総監府により退位させられる
1909年10月 伊藤博文、韓国人・安重根により暗殺される (注5)
 2014年、暗殺現場となったハルピン駅に、安重根を顕彰する記念館が開館した
1910年08月 韓国併合
  
1945年8月 ソ連対日参戦
1945年8月 韓国、植民地支配から解放される
1945年9月 日本、降伏文書に調印し、占領下に入る
1946年1月 GHQ命令SCAPIN-677
千島列島(歯舞群島を含む)や竹島の政治的行政的権限を喪失
1950年6月 朝鮮戦争勃発。東西冷戦が、ついに戦争に発展。
1952年4月 サンフランシスコ条約発効。日本国は独立を果たした。
東西冷戦のさなか、米国を中心とする西側諸国との片面講和だった。
1953年7月 朝鮮戦争終結


竹島(独島)問題に関連する日韓・日露関係史
1904年11月 竹島に調査船を派遣し、望楼建設の可能性を調査
1905年1月2日 旅順陥落
1905年1月5日 水師営の会見
1905年1月10日 内務省、内閣に対して竹島領有の審議要請
1905年1月10日
〜1月21日
東郷元帥、東京にて政府と接触
1905年1月21日 全艦隊に対して、対馬海峡への結集命令
1905年1月25日
〜1月29日
黒溝台会戦
1905年1月28日 閣議、竹島の領土編入決定
1905年1月28日 クロパトキン(露)総司令官、作戦中止・退却を命令
1905年2月22日 竹島の領土編入
1905年3月1日
〜3月9日
奉天会戦。3月10日、日本軍、奉天占領。
1905年4月8日 バルチック艦隊、シンガポール沖を通過
1905年5月27日 日本海(対馬沖)海戦
海戦終了後、日本海軍、鬱陵島に終結
1905年5月28日 ネボガトフ提督、竹島沖にて降伏
ロジェストベンスキー提督、鬱陵島沖にて降伏
1905年8月16日 竹島東島望楼完成




(注1)『竹島外一島』について
 ここで言う『竹島』とは、現在の鬱稜島のことである。『外一島』とは、現在の『竹島』のことであるとする説と、そうでないとする説があったが、最近は、現在の『竹島』とする説が有力である。実際、島根県広報誌「フォト島根No161(2006年発行)」においても、『外一島とは、現在の竹島とみられる』と説明されている。

(参考)島根県広報誌フォト島根No161より
 地籍編さんのため、内務省から76年に竹島(現在の鬱陵島)に関する照会を受けた島根県は「山陰一帯ノ西部ニ貫付(所属)スベキ哉」と回答したものの、同省が最終的な判断を仰いだ太政官は、同島と外一島を「本邦関係無之」とし、日本領ではないとの認識を示した。外一島とは、現在の竹島とみられる。

 

 1877年日本は太政官指令に於いて、竹島・松島は日本の領土でないことを正式に決定した。左図は1876年ドイツ・Stielerのロシア地図の一部。当時、隠岐以西の日本海には、2つの島しかないことが既に知られていた。
 (画像をクリックすると拡大します)

 ウルルン島、竹島の島名の変遷(ウルルン島、竹島の認識)




(注2)閔妃殺害事件と露館播遷

 日清戦争で勝利した日本は、軍事力を背景に、朝鮮への内政介入を強めてゆく。これに対抗して、朝鮮はロシアの影響力を利用して日本を排除しようとした。日本公使三浦梧楼らは、親ロシア派の中心と目した王妃(閔妃)殺害を計画し、日本軍守備隊、日本警察官、訓練隊(日本軍将校に指導された朝鮮軍隊)、日本人新聞記者、日本人壮士らを動員し、王妃殺害を実行した。王妃殺害後、三浦公使対面に国王・大院君(国王の父)が臨席し、親露派閣僚を解任して内閣を親日派でかためた。しかし、日本に王妃を惨殺された朝鮮各地では国母(王妃)復仇の義兵運動などの反日運動が起こった。また、王妃殺害は外国人にも目撃され、日本は国際的な非難を浴びたため、三浦公使以下殺人関係者を召喚し裁判にかけたが、全員証拠不十分として無罪放免した。
 王妃を殺害され、自身や王子の生命の危機を感じた国王は、その後、王子を連れてロシア公館に逃れた。これを「露館播遷」「俄館播遷」という。露・俄はどちらもロシアを意味する。露館播遷の結果、王妃殺害で成立させた親日政権は崩壊して、親ロ政権が誕生した。

 参考に、いくつかの辞典や文部科学省検定済み教科書における「閔妃殺害事件」の説明を掲載する。  『閔妃殺害事件』の辞典などでの説明はここをクリック


 大学入試問題日本史にも閔妃殺害事件はときどき出題される。この事件は、山川出版・詳説日本史の欄外に記載されているので、上位大学の日本史を受験する場合は、日本が王妃を殺害した結果、韓国がロシアへ接近したという歴史の流れに加えて、「三浦梧桜」の名前を覚えておいたほうが良いだろう。
 大学入試センター試験・日本史でも閔妃暗殺事件関連が出題されることがあるので、ある程度のレベル以上の大学を目指す受験生は、日本公使らが朝鮮王妃を殺したことと、関連する歴史の流れは覚えておくと良いだろう。上位大学を除いて、細かい年号や三浦梧桜の名前までは必要ないかもしれない。

 参考に、大学入試問題日本史に出題された「閔妃殺害事件」のいくつか掲載する。  大学入試日本史に出題された『閔妃殺害事件』はここをクリック



(注3) 日露戦争

 日本軍は物資調達のために現金の代わりに軍票を使用した。朝鮮半島が日露戦争の戦場だったため、裏面にはハングル文字が書かれている。



(注4)日韓通信業務合同

 日露戦争のさなか、日本は韓国の郵便・通信を支配した。
 左写真は日韓通信業務合同を紀念して、1905年7月1日に発行した記念切手。
 
 これまで使用されていた韓国切手は、前日の6月30日をもって販売停止、1909年8月31日をもって使用停止となった。





(注5)安重根

 安重根を顕彰する切手が韓国・北朝鮮で発行されている。上写真は、いずれも韓国で発行された切手。


竹島(独島)問題の概要     鬱陵島から竹島は見えるか(計算で推定しました) 

竹島問題の参考図書



北方領土問題のページへ